headband

妊活 サプリ 口コミ

HOME >> なぜ体を冷やしてはいけないのか?

なぜ体を冷やしてはいけないのか?

初期妊娠を成功させるために普段の生活で注意しなければいけないことがたくさんあります。

その一つに「体を冷やさないこと」が挙げられます。

実際に不妊症で悩んでいる女性のほとんどが冷え性を患っています。

また昔からのことわざで「秋茄子は嫁に食わすな」という言葉があります。

これは姑が嫁に対する意地悪で言っているわけではなく、秋茄子は体温を低下させる恐れがあるため、それを防ぐための意味なんですね。

なぜ体を冷やす事は妊娠に良くないのでしょうか?

これから

・理由

・対策

この2点から説明します。


理由について

体が冷えて体温が低下してしまうと体全体の血行が悪くなってしまいます。

血液というのは食品から摂取した栄養と酸素を生殖器官に運ぶ役割があります。

それにより子宮などの生殖器官が活発に働きます。

しかし血行が悪くなってしまうと栄養や酸素が届きづらくなってしまうため、生殖器官の働きが低下してしまいます。

これにより妊娠の可能性が低くなってしまうんですね。

冷えは妊娠の大敵と言っても過言ではありません。


対策について

次に対策ですが少しでも体が寒いと感じたら厚着をするように心がけましょう。

最近は肌の露出が多いファッションが流行っていますが、もし妊娠を意識しているのであれば、多少格好良くなくても肌の露出が少ない服を着るように心がけましょう。

また普段の生活においても冷え性対策を取らなければいけません。

一人暮らしや毎日が忙しいと入浴はシャワーですましてしまうかもしれません。

シャワーは肌の表面上は温かくしてくれますが、体の芯まで温まることができないんですね。

湯船をためるのは面倒かもしれませんが、体を温めるために定期的に湯船につかることをすすめます。

そして運動も有効な手段の1つです。

特にマラソンやウォーキングなどの足を使う運動は、下半身にたまった血液をポンプのように上半身に上げてくれるため、体全体の血行が良くなります。

またストレス発散にもなるので女性ホルモンの分泌を促進させる効果もあります。

その他に毎日飲んでいる水分も冷水ではなく、白湯やお茶などの温度の高い水分を飲むことで体のなかから温めることができます。


体を冷やしてはいけない理由のまとめ

妊娠するために体を冷やしてはいけないポイントとして

・理由

・対策

この2点を説明しました。

説明からわかるように体を冷やすことで、生殖器官の機能を低下させてしまいます。

逆に温めることで機能がアップしますので、秋から冬にかけては自分の体を冷やさないように細心の注意が必要です。

当サイトの人気記事

 1番人気! 妊活サプリの口コミや評判について詳しく調べてみました

pagetop

おすすめ妊活サプリの口コミや評判

妊活サプリの基礎知識

妊活サプリについて

妊活方法について

妊活サプリについて

inserted by FC2 system